心地よい環境で不眠症を解決

心地よい環境で不眠症を解決

眠れない日が続くと、眠ろうと思うから眠れないのだ、という母の言葉を思い出します。

 

不眠症の解決方法 http://www.rediscoverthecaribbean.com/

 

体質なのか小さいころから寝つきの悪かった私ですが、母と話をしていると、知らない間に眠りに落ちているということも多くありました。

 

不眠症の改善には、リラックスできる環境をつくることが最も大切なのだと聞きましたが、思い返してみると納得できる感じがします。

 

とはいえ大人になり、社会に出るとそれだけ心配事も増えるので、眠る時になってもなかなかリラックスした気持ちに浸れないということはよくあります。

 

そういう時私は、お風呂にゆっくり入ったり温かいものを飲んだりしていたのですが、知人からン眠る直前にクラシックを聞くと良いと教えられて、先日CDを購入してみました。

 

クラッシックにもいろいろありますが、特にモーツァルトのピアノ曲が良いそうですね。

 

私が買ったのは子守唄のCDだったので、ブラームスなどの定番のものが多かったものの、リラックス効果は十分に実感できました。

 

イヤホンを使わず、スピーカーの音量を調整して枕元で流すので、自然体で聞くことができ手間もかかりません。

 

子供のころに体感した、あのいつの間にか寝ているという気分が味わえて、今は眠りの質に満足する日々が続いています。

不眠症を解消するために

 

体は眠りを欲しているのに、ベッドに横になっても目が冴え眠れないという経験はありませんか。

 

眠らなければいけないと焦れば焦るほど、気持ちが高ぶってしまい、更に眠れないという状況に

 

陥ってしまいます。

 

 

 

では、不眠症は一体何が原因なのでしょう。

 

まず第一に考えられることが不規則な生活です。

 

就寝時間と起床時間が大体決まっている場合、睡眠リズムがきちんとしているため、不眠にはなりにくい

 

と言われています。

 

 

 

宿直勤務がある場合などは、なかなか睡眠のリズムが取りにくいかと思いますが、部屋を暗くするなどの

 

工夫をして体を休めるようにしましょう。

 

 

 

また、アルコールを飲むと眠れるという方もいらっしゃいますが、アルコールを飲みすぎると

 

睡眠が浅くなるため、何度も目を覚ましてしまいます。また、トイレに頻繁に起きるという悪影響もあります。

 

 

 

コーヒーや紅茶のカフェインも睡眠の妨げになるので、リラックス効果の高いホットミルクを寝る前に

 

飲むと良いでしょう。

 

 

 

朝陽を浴びると、スッキリした朝を迎えられますよね。

 

これは、光が脳を刺激することにより目を覚ましてくれるからです。

 

 

 

パソコンやスマートフォンの画面から出る光も、思いのほか明るいので就寝の2時間〜3時間前には

 

パソコンやスマートフォンの電源を消すようにしましょう。